ピロ亜硫酸ナトリウム

ピロ亜硫酸ナトリウム「別名」 メタ重亜硫酸ナトリウム「英語」:Sodium Metabisulfite「化学式」:Na2S2O5「式量」:190.10「国家標準」:指標名称指標ピロ亜硫酸ナトリウム%≥二酸化硫黄で計算 65鉄≤0.005PH4—4.6重金属Pb計数%≤0.002ヒ素%≤0.0002外観:白い結晶粉末或いは微黄な結晶粉末。「用途」:医薬工業においてはクロロホルム、ソラプソン、ベンズア

  • 兼容性:

1527995924.jpg

ピロ亜硫酸ナトリウム

「別名」 メタ重亜硫酸ナトリウム

「英語」:Sodium Metabisulfite

「化学式」:Na2S2O5

「式量」:190.10

「国家標準」:



指標名称

指標

ピロ亜硫酸ナトリウム%

二酸化硫黄で計算 65

≤0.005

PH

4—4.6

重金属Pb計数%

≤0.002

ヒ素%

≤0.0002

外観:白い結晶粉末或いは微黄な結晶粉末。

「用途」:


医薬工業においてはクロロホルム、ソラプソン、ベンズアルデヒドなどを生産する際に使われている。ゴム工業で凝固剤として使われている。捺染工業では漂白したコットンの脱塩剤、それともコットンを精錬する時の助剤とする。製革工業で使われるなら、革をもっと柔らかくする上に革の丈夫さを改善して、防水、抗折、耐磨耗や様々の性能を持たせる。化学工業でヒドロキシ基バニリン、塩酸ヒドロキシルアミンを生産する際に使われている。写真工業においては、現像液として使われている。食品工業においては漂白剤、防腐剤、充填剤、抗酸化剤、発色剤、食品保存剤など様々の使い道がある。

「物理と化学性質」:

白い結晶粉末或いは微黄な結晶粉末。相対密度は1.4、水に溶ける(20℃の時の溶解度は54 g/100 ml100℃の時の溶解度は81.7g/100ml);水溶液は酸性を示す;グリセリンに溶ける、エタノールには溶解度が低い;湿らせても良い場合は分解しやすい;空気にさらすと酸化されて硫酸ナトリウムとなる;強酸と接触したら二酸化硫黄を放出して、対応の塩類が生成する。150℃の温度で分解する。

111.jpg